Archives:

アトピーの保湿ケア

アトピー性皮膚炎の改善のために保湿をしようと思っても、どうしたらよいか、何を使ったらよいか悩んでいる人もいるでしょう。このサイトでは、アトピーを改善するための基本的な保湿方法について説明します。

アトピーを発症している皮膚には保湿が必要と考えられますが、大きく分けて二通りの保湿方法があります。

保湿ひとつめは、皮膚の表面の保護です。アトピーを発症している皮膚に必要な保湿として、まず、しっかりと皮膚表面を保護するタイプの保湿剤を使用する保湿方法があります。このようなタイプの保湿剤は、皮脂膜のように皮膚表面を覆い、雑菌等の侵入や水分の蒸発を防ぐ働きをします。代表的な保湿剤としては、白ワセリンがあります。ローションタイプやクリームタイプなどがあり、市販もされています。皮膚表面を完全に覆って保湿するためにたっぷりと使用するほうがよい場合もありますが、季節や症状によっても異なります。汗をかく時期にべったりとつけすぎることで汗が外に出られず、痒みがひどくなるケースなどもありますので注意が必要です。

上述した保湿方法だけで改善する場合もありますが、そうでない場合は、皮膚に水分を与えて保持するタイプの保湿剤の使用を検討するとよいでしょう。このタイプの保湿剤に含まれる成分としては、グリセリンやアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミドなどがあります。

一口にアトピーと言っても、人により症状も合う保湿剤も千差万別です。皮膚の状態を見ながら試していくことをお勧めをします。


アトピーと保湿の関係

化粧水アトピー性皮膚炎の原因は特定できていないとしても、乾燥肌がアトピーを誘発することは分かってきています。そのため、皮膚のうるおいを保つことがアトピーの予防や改善にとって大切です。皮膚のうるおいを保つためには、皮脂や角質細胞間脂質、天然保湿因子が必要と言われていますが、アトピーが発症している皮膚にはこれらの物質が不足していることがわかってきました。そのため、内側から不足した物質を外から補うという意味で保湿スキンケアが大切になるのです。スキンケアは、皮膚を清潔に保ち保湿をすることですが、薬などを使って治療する以前に、皮膚をケアすることで、バリア機能を高め、正常な状態を保つことが目的になります

アトピーを発症した皮膚は、角質層に問題があることが多く、水分の保持力が弱いため乾燥しやすく、バリア機能が衰えており、炎症が生じやすいと考えられています。

肌のバリア機能や水分保持力は、セラミドを主成分とする細胞間脂質がおよそ80%を担っています。そのため、セラミドが不足すれば乾燥しやすく異物や刺激に弱い皮膚になると考えられます。そのため、皮膚を保湿することは、アトピーの症状の緩和や改善、予防に有効とされているのです。