Archives: 未分類

アトピーの保湿ケア

アトピー性皮膚炎の改善のために保湿をしようと思っても、どうしたらよいか、何を使ったらよいか悩んでいる人もいるでしょう。このサイトでは、アトピーを改善するための基本的な保湿方法について説明します。

アトピーを発症している皮膚には保湿が必要と考えられますが、大きく分けて二通りの保湿方法があります。

保湿ひとつめは、皮膚の表面の保護です。アトピーを発症している皮膚に必要な保湿として、まず、しっかりと皮膚表面を保護するタイプの保湿剤を使用する保湿方法があります。このようなタイプの保湿剤は、皮脂膜のように皮膚表面を覆い、雑菌等の侵入や水分の蒸発を防ぐ働きをします。代表的な保湿剤としては、白ワセリンがあります。ローションタイプやクリームタイプなどがあり、市販もされています。皮膚表面を完全に覆って保湿するためにたっぷりと使用するほうがよい場合もありますが、季節や症状によっても異なります。汗をかく時期にべったりとつけすぎることで汗が外に出られず、痒みがひどくなるケースなどもありますので注意が必要です。

上述した保湿方法だけで改善する場合もありますが、そうでない場合は、皮膚に水分を与えて保持するタイプの保湿剤の使用を検討するとよいでしょう。このタイプの保湿剤に含まれる成分としては、グリセリンやアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミドなどがあります。

一口にアトピーと言っても、人により症状も合う保湿剤も千差万別です。皮膚の状態を見ながら試していくことをお勧めをします。


アトピーと保湿の関係

化粧水アトピー性皮膚炎の原因は特定できていないとしても、乾燥肌がアトピーを誘発することは分かってきています。そのため、皮膚のうるおいを保つことがアトピーの予防や改善にとって大切です。皮膚のうるおいを保つためには、皮脂や角質細胞間脂質、天然保湿因子が必要と言われていますが、アトピーが発症している皮膚にはこれらの物質が不足していることがわかってきました。そのため、内側から不足した物質を外から補うという意味で保湿スキンケアが大切になるのです。スキンケアは、皮膚を清潔に保ち保湿をすることですが、薬などを使って治療する以前に、皮膚をケアすることで、バリア機能を高め、正常な状態を保つことが目的になります

アトピーを発症した皮膚は、角質層に問題があることが多く、水分の保持力が弱いため乾燥しやすく、バリア機能が衰えており、炎症が生じやすいと考えられています。

肌のバリア機能や水分保持力は、セラミドを主成分とする細胞間脂質がおよそ80%を担っています。そのため、セラミドが不足すれば乾燥しやすく異物や刺激に弱い皮膚になると考えられます。そのため、皮膚を保湿することは、アトピーの症状の緩和や改善、予防に有効とされているのです。


アトピーへの対処法

近年、アトピー性皮膚炎になる子どもが増えています。赤ちゃんや小さい子どもの顔や身体がじゅくじゅくしたり痒がっている姿を見るのはつらいものです。アトピー性皮膚炎の原因には、生活環境の変化や食品添加物の影響など様々なことが挙げられていますが、間違いなくこれが原因ということは突き止められていないのが現状です。

アレルギー検査そもそも、「アトピー」という単語は、「奇妙なこと」「捉えどころのない」を意味するギリシャ語に由来しています。お子さんのアトピーで悩む親御さんの中には、赤ちゃんがお腹の中にいるときの自分が食べていたものや、今の食生活が悪いのではないかと心を痛めている方もいるでしょう。食物などのアレルギーの影響が肌に出ている場合もありますので、それが疑われる場合は、アレルギー検査をしたりひとつひとつの食品を除去して試すことは有意義でしょう。

しかし、いつまでも原因探しを続けたり親御さんが自分を責めていても意味がありません。肌の状態を改善するための具体的な方法に取り組んでいくため、お子さん、あるいはご自身に合った方法を見つけていくことが大切です

アトピーについては、様々な療法や薬、化粧品などがあります。民間療法からステロイドを使った治療、鍼治療や何もしないほうがよいという方法まで、驚くほど幅があり、調べれば調べるほどどれがよいのかわからなくなる人もいるでしょう。

このサイトでは、アトピーに有効と考えられている肌の保湿の基本的な方法について説明します。